「愛と光」と、たま~に毒舌


大雑把にいえば、もりおん(ちなみに男性)の、アセンション日記です。

3次元にしっかり足をつけ、ガイアの上での日常を楽しみつつ、 高次元とどう繋がり、どう生きてゆくのかということを、書きます。

聖人君子ではないですから、時々毒舌が混じります。

右のカラムの「カテゴリー」のところをクリックしていただきますと
それぞれのカテゴリーの記事が古い方から順に表示されます。

明日からお盆休み。
開放感の中に、かすかなさびしさがあって、なんかいい。
こういう時には、カッチーニの「 Ave Maria 」。
エネルギーが充電される感じがします。

Chrysanthemum


Yoko Maria:Caccini Ave Maria カッチーニのアヴェ・マリア  マリアヨーコ

Ave Maria- Giulio Caccini _Mori Maki カッチーニのアヴェ・マリア ~森麻季

Ave Maria - G. Caccini / Brinums - Inessa Galante

Charlotte Church - Ave Maria

カッチーニのアヴェマリア Ave Maria(Caccini) Hayley Wesrenra & Tomotaka Okamoto

Caccini Ave Maria ( remix ) by Slava Kagan-Paley

寺井尚子(Naoko Terai)  Ave Maria /Caccini ( Vavilov )

舘野泉 3つの聖歌~アヴェマリア/カッチーニ~


これを聴かれた方が、幸せになりますように! もりおん

もりおんのとこのしゅうちゃん(インナーチャイルドっていうやつやな)が、朝から酒を飲む経験がしたいってことで、もりおんは朝から酒飲んどるんで、わしもちょっとだけ登場させてもらうことにしたで。
まぁ、仕事昼からやし、軽く飲んどるから、心配いらんわ。

DSCN3396

こういう問題の根っこはな、もうかなり時間はたってんねんけど、まだまだ根強く残っとる「怒りとか憤慨」なんよ。

この地球におる誰もが、まぁほとんどみんなと言うてええよな、人生のどっかで、裏切られたり虐待されたりしたことがある。
それも、自分自身が知らん間に信頼しとった人らによって裏切られたり虐待されたりしとるから、ダメージきついよなぁ。
そんときに、めちゃ恐ろしかった思いが、今でもまだ残っとる。
そやから、そういう問題に直面することが怖くてでけへんって感じるんよな。

まぁそれくらい、この「怒りとか憤慨」は根強いってことやな。

それもな、そういう苦しみはたいがい、あんたらがまだ幼い子供の頃に起こっとる。
そやから、勘違いして(自分は悪くないのに、自分が悪かったんやという)罪悪感があるんよ、困ったことにな。
幼い子供ってのは、他人がしたことのために、罪悪感を感じさせられることが、しょっちゅうあるからなぁ。

もうちょい、続けるでぇ。

Portrait of a fish


まぁ、そうは言ぅてもなぁ、あんたら今んとこ、まだ「疑い」とか「不安」とか、あるよな?
わしら、それはよぅ分かってんねんで。

特にあれや、戦争とか紛争とか、ニュースで見聞きするよな。(地震とか洪水とかもそやな。台風もそやなぁ、あんたらのあたりは大丈夫やったかぁ?)

そういうのを体験したり、見聞きしたりするとな、「なんか全然、話ちゃうやん。全然本来あるべき姿になってないやん。」って、あんたらが思てしまうんも、わしらよう分かってんねん。

そやから、やっぱりまだ、あんたら、「疑い」とか「不安」とか、あるよな?
それと、まだ今は、世界中で、平和がないがしろにされとる。そう、思てしまうよな。

さらにや、たくさんの人らを、さらにもっと対立するように駆り立てとる「憎悪や怒り」。
これって、もういつまで続くねん、ほんまに、って思うのも無理ないこっちゃ。

それはわしらもよう分かんねん。
そやけど、いろんなチャネラーさん(もちろん、信頼できる何人かに限定やで)が伝えてくれてるように、いま世界がこんな状況やってことは、「無いことにしようって蓋をしてしもてたり、ほんまは見えてんのに無視してたり」する問題の量が、とんでもなくぎょうさんになってしもとる、ということが原因なんや。

そこへもってきてや、「お目覚め」の瞬間が、もう結構そこまで来とる、っちゅうこともあって、「愛の津波」が要求してはるんやな。
そういう人類の問題に、あんたらちゃんと立ち向こぅていってや、って要求してはるわけや。


今日の夜のお月さんは、今年一番のスーパームーンらしい。

満月の夜に、お月さんの光のもとで、お財布をフリフリすると、金運に良いらしいので、今夜は久しぶりにやってみたもりおんです。

moon-sea-reflect

さて、最近のことですが、チャネリングメッセージの中に、日出ずる瑞穂の国、わが日本にたいする言及が増えてきていますね。ごく最近のでいっても、

セント・ ジャーメイン。。。2014年8月7日 次元上昇の道をリードする日本

ボブ・フリックス~虹の橋 2014年8月8日

などがあります。

日本のライトワーカーよ、がんばれって声援は、うれしいものです。


そうそう、この記事の最初に、金運の話を書きましたが、それ関連でいうと

エンジェリックガイド 2014年7月30日 ~あらゆる形の豊かさのつくり方~

これはとても良かったです。

最近ヒラ兄ぃが、がんばっとるから、おっちゃんも負けてられへんわ。

ってことで、新しいの、いくで。

これ、たぶん、あんたらにとって、めちゃ役に立つ話やからな!(← ここだけちょっと、ヒラ兄ぃの真似やで。 w )

baby_otter

この地球上にはな、いまこの時点でな、もうめっちゃすごいぎょうさんいてんねん。
何がて、あんたもそやけど、「光を担う者」とか「ライトワーカー」とか「道の体現者」とか言われる人らやな。
「光を担う者」「ライトワーカー」「道の体現者」についての詳しいことは、こっち 見てや。

そういう仲間が他にいっぱいおるからな、リアルに会うのもええし、ネットとかで交流するんでもええし、ともかくそういう意図を持って、出会おうとしてや。
ほんで、そういう人らと新しい関係を築くことにな、ためらったりせずに、おーぷんはーとでやってや。

あんたらみんなが持っとる(持っとるだけやのぅて共有しとる)「愛」がな、他のそうゆう人らの中にある「愛」に引き寄せられていくんやで。

そういうことやから、まぁ言ぅてみたらやな、あんたがそうゆうことに対してオープンになってたら、ええことが起こってくるんよ。
どんなええことかって?

必要な人に出会うわけや。それも神聖なかたちでな。(出会い方が神聖なかたちになるってことやから、ワクワクするやろ?)
出会うのは、他の人が目覚めるのを手伝ってる人やな。もちろんスピリチュアルな道にいてはる、そういう人らに、出会うわけや。

そうやって「お目覚め」への道の上におる人らと新しい関係を持つやん。
そしたらそれが、あんた自身の「お目覚め」することへの信頼と、「お目覚め」するぞって意図をさらに強化することになるんや。
さらにや、あんたらみ~んなを「お目覚め」まで連れていってくれてはる、神聖なエネルギーの流れってあるやん。
そのエネルギーの流れの勢いを、さらに増大させることにもなるんよ。

今回のお話も、あと少しだから、がんばって聴いてね!

DSCN3153

君たち一人ひとりが、調和的な環境をつくることと、つくった環境を守ることに、がんばるんだね。
それはもちろん、自分のためにもなるけれど、自分の参加している共同体のみんなのためにもなるからね。

ちょっと話は変わるけれど、地球の仲間を惑星って言うよね。
その惑星たちも太陽のまわりをまわっているんだ。
自然が作り出す惑星の運動のサイクルと、地球にくり返しやってくる、春夏秋冬のサイクルって、これから行われる式典とか儀式のときに、とっても大事になるんだよ。
とってもたくさんの人たち(君たちもだよ!)が、この式典や儀式を受け入れて参加することになるんだ。
どんなことが起きるか、楽しみだね!

新しく起こるこんな世界の中で、人類は自然に「ソース(源)」とつながってゆくんだ。
君たち一人ひとりの魂の中で、それが体験(初めてじゃないんだけど、忘れちゃってるから、初めてに思えるかもね!)されるとね、すごい刺激になるんだよ。
その刺激で、君たちの地球の進化がさらに進むからね!


来週また会おうね!


覚えておいてね。ヒラリオンのお兄ぃさんだよ!

たまにですが、好きな音楽をyoutubeでさがして、聴くことがあります。
それをブックマークしておいて、聴きたくなったらまた聴くのですが、ブックマークの音楽のフォルダを整理していて、入れた記憶のないのを発見しました。

file4531340648322

Sissel & Gheorghe Zamfir - Seven Angels

Sissel は好きな歌手の一人なのですが、開いてみても聴いた覚えがない。
でも、初めて聴いたけど、歌詞といいメロディといい、これはいい。
というわけで、大好きな歌に登録です。

で、それを聴いているうちに、マーク・チャン(シンガポールのアーティストです)が聴きたくなって、CDは持ってるのですが、youtubeで探してみました。
一番好きな曲はなかったけれど、でも、好きな曲の一つが見つかりました。

Written on the Wind - Mark Chan

どこか南の楽園で、雄大な景色を観ながら、のんびり風に吹かれている気分になれます。


これを聴かれた方が、幸せになりますように! もりおん

↑このページのトップヘ