「愛と光」と、たま~に毒舌


大雑把にいえば、もりおん(ちなみに男性)の、アセンション日記です。

3次元にしっかり足をつけ、ガイアの上での日常を楽しみつつ、 高次元とどう繋がり、どう生きてゆくのかということを、書きます。

聖人君子ではないですから、時々毒舌が混じります。

右のカラムの「カテゴリー」のところをクリックしていただきますと
それぞれのカテゴリーの記事が古い方から順に表示されます。

休肝日も過ぎ、ちょっとほろ酔いのもりおんです。
おっちゃんも、心なしか喜んでるようで、はよ次やりたい、とのことでしたので、やってみました。

gold-glitter-stripes

そやでぇ。悲惨なことは、あっちこっちたくさん、あることはあるよなぁ。
そやけど、それぜ~んぶ、良ぅすることできるからな。

こっからが大事なんやけどな、「これって、良ぅすること、できるやん」ってことに気ぃついて、苦しんでる人らに「愛」を送ってほしいねん。
それがあんたの、この「地球」上での、お仕事のメインの部分やからな。

世界中の、スポットライトが当たっとる(ほんまは、恣意的に当てよるんやけどな)部分やら、マスゴミには裏があるんよ。その裏っちゅうか、まぁ影のとこで糸を引いてるお方々の願いって、何やと思う?
あんたらの注意を「恐怖」の方へ引きつけたい、集中させたい、ってことがその願いなんやで。

それはなぁ、そのお方々がなぁ、あんたらを「恐怖」の中に閉じ込めとくために使っとる手段なんやな。
そやけどや、そんなん軽~く数十倍は超える規模で、ええこととか、よっしゃがんばろ!って思わせてくれること、めっちゃ気分良くしてくれることが、ほんまは起こってんねん。

ここで「恐怖」の効能のおさらいするで。

まず、身体やこころがカチンコチンになるな。
それから、進むべき方向を間違わせる。
それと、混乱させる。

勘弁してぇなってもんばっかりやで。

月曜から金曜まで、もう一つ仕事をやり始めたおかげで、土曜のこの時間帯の開放感が半端ない、もりおんです。
ソウルカメラさん(正確にはソウルカメラさんのパートナーさん)から教えてもらった、バシャールのメッセージをみて、ワクワクが追加されて、delightful! な夜です。

Wedding photos 101

ということで、今回は今までにない形式で、いきます。


らくしゅみー ヒンドゥー教の美と豊穣と幸運を司る(なんて贅沢な!)女神

あばんだんてぃあ ローマ神話の、豊饒・繁栄・成功・幸運を司る(贅沢な)女神

ふぉるとぅーな(ふぉーちゅな) ローマ神話の運命の女神

がねっしゅ(がねーしゃ) 言わずと知れた・・・ ww


お好きなのをクリックしてください。(全部選んでもいいよ!)


みなさんに愛と光を!( もりおん )




もうちょっと、続き、いくで。

file6971296598845

あんたらはなぁ、人類全体を「お目覚め」の状態まで引っ張っていっとるんや。
ちゃあんと目ぇ開けて見てみ。そこら中に、明らかな証拠が見つかるで。

あっ、そうそう、これちょっと余談になるけどなぁ、「またUFOが見えた」とか「オーブの写真が撮れた」とか、大騒ぎすんのんは、やめときや。
夜店の金魚すくい見て、「わぁ、金魚って、こんなとこにこんな仰山いてるんやぁ!」って言うてるようなもんやからな。

まぁ、騒がんと、落ち着いていこな。

マスゴミ(おっちゃんは、こない言うとるねんけど、普通は「メジャーなメディア」って言うんかいなぁ。)が「暗ぁい話題」ばっかり垂れ流しにしとるやろ。垂れ流しどころやないなぁ、噴き出しとるいうてもええくらいやな。
無理矢理っちゅう感じで、「暗ぁいイメージ」を押しつけてきよる。

あんたらは、そういうのから影響を受けて、ひどい鬱の状態になったり、絶望したりしたらあかんねん。
鬱とか絶望とかいうのは、心がカチンコチンになって麻痺してるようなもんやからな。

そやから反撃や。

インターネットとかでな、「ええニュース」を検索してや! いっぱい出てくるで。 

そんなことをやってやな、マスゴミが「暗ぁいニュース」ばっかり流すんは、あんたの心をカチンコチンにしよう、あんたを鬱や絶望に陥れようとしとるんやってことを、あんた自身にちゃぁんと証明したって欲しいんよ。

マスゴミってやつはな、あんたに「この惑星ってのは、悲惨なことがあっちでこっちで起こりまくるんが当たり前で、それは未来永劫変わらへんねんでぇ。」って、信じ込ませようと、しとんねんよ。
マスゴミがそうやって、あんたらを鬱へとし向けとんのを、インターネットとかの「ええニュース」使って、チャラにして欲しいねん。


めちゃ大事な話やねんけどな、まぁ長いからな。

そやから、ぼちぼちいくわな。

file5491341871459


あんたがなぁ、今まで生きてくる途中で出会った愛する人らをなぁ、その人ら一人ひとりのことを、想ってみて欲しいんや。
ほんでな、その一人ひとりが、あんたにとってどんだけ大切かっちゅうことを、想い出して欲しいんよ。

誰でもええわ。誰か大切な人のことを想うと、あんたの心の中に、暖かい感覚が湧いてくるやろ?
その感覚に浸ってみて欲しいんやわ。

あんたがその暖かい感覚に浸ってるときに、あんたは神聖な「愛」のエネルギーを通す管(導管と言うてもええし、チャネルと言うてもええねんけど、まぁともかくエネルギーを通す管やな)になってんねん。

その「愛」のエネルギーは「ガイア」と人類全体へ向かって流れるからな。
あんた一人がそうするだけでも、「愛」のエネルギーの流れは、より強く激しくなるんやで。


実はこのことやねん。
あんたは、このことを、この世に具現化する前に、想い描いてたんやな。


あんたは、この幻想の世界に向かって「愛」のエネルギーが流れ込むための出入り口(というても管というてもええんやが)なんやな。
そこには妨害するものがないから、「愛」のエネルギーが連続して流れてゆくっていうわけやで。


そういう「あんた」を通して「愛」のエネルギーが流れるとな、こちこちに凍ったハート(まだまだ、そういう状態の人がおるからなぁ)が柔らかくなんねん。
めっちゃでっかい雪原が溶けるみたいに、柔らかくなって溶けるとな、混ざりだすねんで。

「愛のTSUNAMI」っていうやろ?
その、び~っくりするぐらいでっかい津波の中に、混じっていって、統合されるんやな。


別の言い方したら、あんたら一人ひとりが、み~んな、「おおいなる一つのもん(英語では the One って言うんやけどな)」に統合されるってことやな。
なんでそうなるかゆうたら、あんたら一人ひとりが「おおいなる一つのもん」に欠かすことのでけへん「一部分」やからや。


大好きな歌で、カラオケで歌うとめっちゃ気持ちが良くて、人生のいくつかの局面でささえてくれた、たぶんこれからもささえてくれるだろう歌です。

IMG_5136

バシャールもそうですが、僕にとってバイブルとなる本は、やっぱりバーソロミューの3冊+2冊かなと思います。
バーソロミューは、何度読んでも、新しい発見がたくさんある。

梅田の紀伊国屋で、何故か平積みにされていた1冊目に、呼ばれたのです。
ちょうど、スピリチュアル系からは、ちょっと遠のきたかったころでしたから、買おうかどうか相当迷ったけれど、たぶん心の奥底の答えが「絶対に買え」だったのでしょう。
ただ、最初は、なかなか頭に入ってこなくて、1章を読むのに相当時間が掛かったことを、懐かしく思い出します。
その後2冊目、そして3冊目を読み、旅日記の上下(これもまた違った意味で刺激をくれました)と読み進め、あとは折に触れて何度読んだことか。
いくつかの章は、たぶん30回近く読んでいます。
それでも、また読めば、新たな発見があります。

ピアニストに、無人島へ移住するとして、1冊しか楽譜を持ってゆけないとしたら、何を持ってゆきますか?
と訊くと、バッハの平均律か、ベートーベンのピアノソナタ全集かで、悩むんだという話を、遠い昔に聞いたことがありますが、僕ならば迷わずバーソロミュー。ただし、お願いして(誰に? ww )3冊持ってゆきたい。
そうそう、さっきの話、無人島に、ちゃんとピアノが運べるのでしょうか? ww

長々とバーソロミューのことを書いたのは、ある意味この歌の歌詞も同じだから。
ずっと歌ってきたので、今では勝手に歌詞が出てきますが、それだけ歌い込んでも、歌詞の意味がわかったようでわからない。聴く時、歌う時が変わると、違ったイメージが浮かび、違った解釈が生まれます。


 中島みゆき 『 愛から遠く離れて 』


出だしの、「 愛から遥か遠く離れてしまう時が この世にあると思いもせず いられた自分が懐かしい 」からして、意味深です。
僕の解釈はいくつかあって、定まりません。

「 一番好きな服を着て 一番好きな私でいよう いつか或る日思いがけず  船が出るかもしれないから 」
これは、たぶん、「 自分のことをしっかり愛し続けてくださいね。いつかある日、思いがけずアセンションする時のために 」というのが、最近の解釈です。

「 愛から遥か遠く離れて生きる人は 寄せては返す波と同じ どこへも逃げぬ囚われ人 」
最近では、「 愛から遥か遠く離れて生きる人 」は、グレイのような種族のことのような気がします。そして、誰しも突き詰めてゆけば、グレイ的なところがありますから、「 そうならないでね、旧い地球に囚われて残されてしまうよ。 」みたいな意味かもしれません。

いわゆる「 恋愛 」のことを歌っているようで、そうでないところが、中島みゆきの存在が巫女的である所以です。

「 一番好きな人がいた 一番好きな私がいた いつか全ての思い出が 遥かな海へと変わるから 」
遥かな海は、「 おおいなる一つ 」のことでしょうか。僕にはそのように思われてなりません。

「 時計を海に捨てに行こう 永遠のリフレインに 」はもっとも謎な部分です。
でも、解釈はこれくらいにして、歌の世界に浸って、魂で感じてみようと思います。

またまた来たでぇ。誰かわかるよなぁ?
サウルのおっちゃんやでぇ。

file1041339519925

あんたらはみ~んな、「目覚めるんや!」って意図を選び取ったんや。自分から選び取ったんや。自分の意志で選び取ったんやで。

途中で目覚めるっていう生涯を経験すんねんって、この世に具現化する前に、ちゃ~んと自分で承認したんやからな。

それからなぁ、これちょっと付けたしなんやけど、「引き寄せの法則」やったっけ、あれでなぁ、願いを具現化するにはこうしたらええとか、あんたらやっとるやろ?
そもそもなぁ、あんたらが3次元の地球に転生してきたことが、具現化やからなぁ。それができてんねんから、3次元の世界に望む物やら事を具現化するんって、そもそもの最初(ほんまはその前もあるけどな、まぁこの世に出てきた最初って意味やで)を思い出したら、引き寄せは簡単やで。

それとなぁ、まぁ気ぃついてると思うけどなぁ、「人間でおる」ことも、ある意味お仕事なんやわ。
ほんでな、そのお仕事を毎日しよるやろ? そうするとや、だんだん忘れていくんよ。あんたら自身のスピリチュアルな目的を忘れていくんよ。

それでも、あんたの内の深~いとこには、「目覚めるんや!」って意図は確かにちゃ~んとあるんやで。

この人生が懸かっとるわけよ。その意図にはな。
そやから、そないにおいそれと、その意図が無効になるわけがないのが、分かるやろ?

そやけどあんたは、こない思とるかもしれんな。
「まぁ言われてみたら、この世に生まれてきたこと自体、ちゃ~んと首尾よく、事を成したんかもしれんなぁ。はっきりとは覚えてないから、あんまし自信ないけど。まぁそれは認めるとして、自分の引き受けた使命を果たさなあかんねんけど、自分ってそれには適任やないよなぁ。現実化せぇって言われても、自分にはそないな能力がほんまにあるんやろか?」

でもな、結果(目覚めるってことやで)は保証されてんのんよ。そやから、あんたがそんなことを思たとしても、その結果に影響してまうことはないからな。

なんでって、ほんまにみ~んな、目覚めるんやもん。


今回は長いでぇ。覚悟しいや!

今回のお話も、もうあと少しで終わり。
最後はちょっと難しい言葉を使うけど、がんばって聞いてね。

file2161283261453

愛はね、この大宇宙でいちばんパワフルな力なんだよ。
この愛の力は、地球の内部にも、地球の表面にも、影響を及ぼすんだ。


君たちのエネルギーレベルが上がるとね、いままで目に見えなかったものが、見えるようになるんだ。
君たちがそのレベルにたどり着いたら、君たち全員が新しい眺めを経験できるし、すごい喜びを感じることができるんだよ。


このレベルにたどり着く人がどんどん多くなるとね、そこへたどり着くための道ができちゃうんだ。
だから、あとから来る人たちの意識とか理解とかをぐっと引っぱり上げるのに役立つんだよ。


栄光や荘厳さが、おおいなるものから贈られ残されているんだけど、その中で「テラの黄金時代」が立ち上がるんだよ。

テラっていうのは、君たちの住んでるこの地球のことだよ。


来週また会おうね!


覚えておいてね。ヒラリオンのお兄ぃさんだよ!

ちょっと休憩したし、元気になったかなぁ?
お話の続き、始めるよ!

DSCN7425

影のエネルギーが、ぐちゃっと残ってて、いまはまだ、ジタバタのたうってるよね。
君たちの中にもあるし、外にもあるよ。
でも、その両方とも、普段の生活の中で、ちゃんとバランスがとれた感じになるから、心配しなくても大丈夫!

自分で一つ、また一つ、エネルギーを取り入れるときに、ちゃんと選んで取り入れるんだよ。そうすれば、自分の本当の眼、心の眼のことだね、その眼で結果がちゃんと見えるからね。

そしたらね、君たちのどの行動やどの振る舞い、どの考え方が、自分に不幸な体験を連れてくるか、わかるんだよ。
だから、すぐに自分の行動・振る舞い・考え方を、直すことができるでしょ!

それを続けていったら、すごいことが起きるんだ。

君が自分だと思っているのは、ほんとは君のほんの一部なんだ。だから、君たち一人ひとりには、まだ知らない部分がたくさんあるんだけれど、その全部、全部だよ、全部が素晴らしくなるんだ。全部が良くなるんだよ。

君のまだ知らない、高次元の君ってのがいるんだけど、高次元の君のいちばん大事なところを、君がいま自分だと思ってる、君のからだに、取り入れることができるようになるんだ。
そうやって、君は「まわりを明るく照らす人」になってゆくんだ。

この地球の上で歩きまわっている、「まわりを明るく照らす人」が増えると、君たちの文明や、君たちの暮らす社会が、もっと明るく素晴らしくなる。なんかワクワクするでしょ!

もうそれは、起こり始めてるからね。君たちはすごいから、なんとなく分かるでしょ?
あとはね、君たち一人ひとりが、高次元の自分のいちばん大事なところを、どんどん取り入れて、もっとパワフルになってゆくんだ。

あとはもう、すごくなってゆくだけだからね!


↑このページのトップヘ