ちょっと久しぶりやなぁ。
サウルのおっちゃんやで。
元気にしとったか?

DSCN5768

あんたらはなぁ、み~んな、それぞれお互いに、鏡やねん。
鏡なんやっちゅうことを、忘れんといてや。

どんな状況でもやで。どんな風に交流しててもや。
あんたが誰かを愛しとっても、憎んどっても、その誰かは自分自身やねん。
自分自身と対面しとるわけなんや。

そのことを受け入れんのんって、めっちゃ大変やろ。
あんたら全員とはいわんけど、まぁ全員ってゆうてもええくらいみ~んな、それ受け入れんのん、大変や。
そやからな、そういうあんた自身を許してあげぇな。ほんでな、その相手も許したげてぇな。

そうやってあんた自身を許して、相手も許すってことが、あんたのハートん中に「愛」がちゃぁんとあるってことや。
「愛」がハートん中にちゃぁんとあることを、許したって欲しいねん。

そしたら、その「愛」がや、愛情のないことをぜ~んぶ、溶かしてくれるんやな。
どんな風になるかはわからへんで。
わからんけど、あんたが関係する一人ひとり全員に向けて、「愛」が輝きだしよるんよ。
まぁ見事になぁ。まるで「愛」が自分自身を捧げもんにするようにな。
もちろん、こないなったらええねんけどなぁって、あんたが思てるそのまんまにやで。