もうちょい続けるわな。

DSCN1977

もういっぺんな、あんたらに念を押しとくで。
それがわしにとって、めちゃ大事なことやさかい。

わしがなぁ、あんたらに強調しときたいことは、こういうこっちゃ。
独りっきりでな、外野席からあ~やこ~や言われることもない、そんな時間を毎日作ってや。
なんとかひねり出すんよ。それを欠かしたらあかんで。めちゃ重要やからな。

そないやってこそ、あんたは、自分の直感にアクセスできるようになるんやからな。

あんたの直感ってのはな、あんたを案内したり、あんたを慰めたり、しようとしてくれてはんねん。
まぁ、その呼びかけが遠慮がちなんが玉に瑕やねんけど。

でもそれってな、あんたのほんまもんの「真我」からの声やで。
あとなぁ、「精霊」の声のときもあるなぁ。
あんたが気に入っとる聖者とか天使、そういう存在の声のときもあるけどな。

まぁ、ほんま言うたら、スピリチュアルな領域やったら、誰の声でもええわけやし、いろんな存在の声が入れ替わり立ち代わり聞こえる、そんなもんなんやわ。
そうやって定期的に、そういう存在たちと語りおうてや。