サウルさん大好きです。大好きだから、怒らないでね。<汗>

ネタは、ソウルカメラさん翻訳(6月2日)の「この心身を消耗させて反復性のあるサイクルの出口は、自分の守りを全て手放すことです」のラストの2パラグラフ。長いので半分ずついきます。

Painted Background 058

あんたも結構長いこと生きてきたやろから、あんたにとって不都合な事、い~っぱい経験したやろ? まぁそれは、ほんまは現実やなかったんやけどな。そやから、そんなんぜ~んぶ、起こらんかったんやって認めることやな。それが「許す」ってこっちゃ。

ほんでや、いま言うたことがほんまやとするとやな(いや、それ、誰がなんと言おうと、ほんまやで)、あんたらが「覚醒」するんを邪魔するもんは、な~んもない、ってことや。それを認めてまうことやな。

今んところ、あんたらの覚醒意識って、超しょぼくれとるんよなぁ。その理由はやな、あんたらがみんなして、「どないしてくれんねん、賠償せぇや」とか「むっちゃ腹立つやんけ」とか、そんな状況にしがみついてるからや。それだけのことやで。

あんたらがわからなあかんことは、「どないしてくれんねん、賠償せぇや」て言わなあかんようなことは、な~んも起こらんかったんや、ちゅうか起こるはず無かったんや、ってことや。

<まだ続きあるでぇ。>