日曜日は仕事関係の集まりが昼からあり、とてもいい時間を過ごしたのですが、正午から始めたこともあって、早めに終わってしまったので、夜にソウルカメラさんにお越しいただいて、いろんなことを語り合いました。

そういえば前にうちに来られた時、帰りに四天王寺さんの境内から空を見上げると、空に浮かぶ雲がうっすらと赤紫色に染まっていたそうなのです。境内を抜けて街中に戻ると、雲は普通の白色に戻っていたらしい。

Painted Background 502

僕もそれを体験したかったので、お見送り方々ご一緒しました。
四天王寺さんの境内に入ってすぐに空を見上げると、確かにさっきまで白かった雲が、はっきりわかるくらい赤紫に染まっています。街の灯で染まる低空ではなく、空の高いところの雲まで、はっきりと。

感動しつつ門をくぐって外に出て空を見あげると、もとの真っ白な雲に戻っている。

せっかくなので、最近ご無沙汰している僕の氏神さん、大江神社に寄せていただくと、またまた鳥居をくぐった途端に赤紫にそまった雲が・・・。

お参りを済ませ、鳥居から外に出て空を見上げると・・・。

なんということでしょう、純白の雲に戻っているではないですか。(ここだけ「ビフォーアフター」風に)

ソウルカメラさんいわく、この色はバイオレット・フレームの色だそうです。そういえば目をつぶって光の存在につながった時に、僕の瞼に浮かぶのも、こんな色。

今進んでいる道でいいんだよ、間違ってないから安心してねと、見えない大きな存在から励ましをいただいたように思います。

雲の掛かった夜に、近所のお寺や神社に行かれましたら、是非一度空を見上げてみてください。それまで白かった雲が、バイオレット・フレームの色に染まっているのを、目にすることができると思います。