最後のとこはな、ちょっと苦戦したからなぁ、結構なごなってしもたわ。
まぁ、よかったら、読んだってや。(by にせサウル)

Gorilka

あんたの内側にある「おだかやかぁな感じ」を感じる度合いが、ほんまちょっとしか増えへんなぁって感じかもしれんな。そやったとしても、その「おだかやかぁな感じ」は「神さんの愛」があんたを抱きしめとるってことやから、その「愛」にあんた自身を開いて、その感じを強めていってや。

これってな、あんたが持ってるほんまの性質に浸って、くつろいでる瞬間なんよ。ほんまの性質ってのは、「神さん」と同じ性質なんやけどな。
ただ、残念なんやけど、その瞬間ってのは、長続きはせぇへんのよな。

長続きはせぇへんけどな、その感じをあんたは忘れることはないやろな。ほんであんたは、自分自身のために「神さんの愛」がいっつもそこにあるんや、ってことを知ることになるんや。

この一連のことを通して、あんたは「強さ」やら「決意」やら「熱意」をもらうんよ。あんた自身の「光」を高く掲げ続けるための「強さ」「決意」「熱意」ってことやで。
ほんでもってあんたは、「お目覚め」の瞬間に、今までにないくらい近づくってわけやな。まだあんたは、『もしかしたら人類は、「お目覚め」の瞬間を迎えられへんのかもしれん』とか思てるかもしらんけど、「迎えられへん」なんてこと、ぜ~ったいあり得へんからな。

め~っちゃめっちゃぎょうさんの愛をこめて、サウルのおっちゃんからのメッセージでおました!