ここ最近いろいろなことがあり、また少し「お金に関するブロック」がはずれました。

バシャールがよく言う「ワクワク」について、ぼぉっといろいろ感じていて、なんと、なんとです!
ちょっと前の自分なら、ぜ~ったいに認めなかったことに気付いたのです。それは、

「自分は、お金が絡まないことには、ワクワクを感じないのだ。」 ということ。

(書いてしもたぁ。<汗>)

Painted Background 261

眠ろうとして、寝室に置いてあるバーソロミューの3巻が目に留まり、いっぱい付箋が付いているのですが、それ以外に1枚だけハガキがはさんである、そのページを開くと、

お金が欲しいのだったら、世界を動きまわっている膨大な量の金銭エネルギーに全意識を集中させるのです。その場合に、どのようにしてお金を手に入れるか、という具体的な方法は考えずに、自分のほうへお金がやってくるのを想像してください。このエネルギーに意識を集中するときに、イメージに描けるのならそれを体験することもできるのだ、ということを覚えていてください。自分に限界を設けるような考え方が浮かんできたら、いったんそれらの存在を認め、それからまた意識をもとのイメージに戻すのです。それらの無限の可能性とあなたのあいだには、どんなへだたりも存在しません。

神に近づくのもお金を手に入れるのと同じやり方を使います。まったく同じです。お金を探すことと神を探すことが同じではないと考えているとしたら、その人はたぶんどちらも手に入れることはできないでしょう。いいですか。
神がいなかったら、お金は存在できません。お金のパワーというのは行動する神そのものです。どうかこれらを切り離さないでください。神というのは、この世でパワーを持って生きていきたい、そしてやりたいことを自分はしているのだと感じながら生きていきたい、という魂の願いなのです。それが行動する神です。

神は本を売ったり、コンピューターを操作したり、教えたり、勉強したりします。神は子供を愛し、美を創造し、トラックを運転します。神は他人を助けます。神は在るのです。切り離さないでください。切り離したとたんに、人はパワーを失います。この点をできるだけ深く心で受け止めてください。

(バーソロミュー3 p.118~p.119 より)


この時のために、神は本にハガキをはさんでくれたのだ、と思います。


みなさんに愛と光を!( もりおん )